就職活動の際に応募者から

実際には就職活動の際に応募者から応募希望の企業にお電話することはあまりなくて、エントリーした会社のほうからの電話を受けるということのほうが多いでしょう。確かに、就職活動は、面接するのも自分自身ですし、試験をされるのも応募する自分ですが、気になったら先輩などに助言を求めるといいだろう。全体的に、職業安定所といった所の求人紹介で仕事を決めるのとよく見かける人材紹介会社で仕事を決めるのと、二者を並行して進めるのが名案ではないかと思っています。

どうしても日本の企業で体育会系といわれる人がいいとされる理由は敬語をきちんと使うことができるから。学生とはいえ体育会系の部活動の世界では、先輩後輩の関係が固く守られているため、無理をしていなくても自然に敬語が身につくのです。今よりもよりよい給料そのものや職場の処遇がより優れている会社が見いだせたとして、あなたがたも転職したいと希望するのであればこだわらずに決断することも重視すべき点です。「自分の育んできた能力をこの会社ならば駆使できる(会社のために働ける)」、そんな訳で先方の企業を目標にしているといった理由もある意味では重要な希望理由です。【対策】例えば、事務とは無関係な運送の仕事などの面接の場合せっかくの簿記1級の資格を取っていることをアピールしても評価されません。事務職の面接のときだったら、高いパフォーマンスがある人材として期待されるのだ。

「社訓を守っていない!と減給処分…会社を訴えることは可能なのか?」 より引用

社訓はあくまで訓示的なものであり、社員は社訓を尊重すべきとしても、順守する必要はない……労働問題に詳しいプラム綜合法律事務所の梅澤康二弁護士に、ブラック社訓についての対処法を伺った「社訓がありえないほどブラック!社員への押し付けは法的に違法?」の記事では、社訓の内容が違法だったり…(続きを読む)

出典:https://news.nifty.com/article/item/neta/12154-069087/