看護師が職業転向を思い立った時、まず始めに行うべき行動といえば

今の仕事に関して満たされないせいで、早急に手を打とうと不安に駆られておられる看護師が多数いらっしゃる事が伺えます。そんな中、自分自身のキャリアプランを何も持たない状態で、計画性なくたどり着いたデータを元に新たな診療所へ容易く移行しているようなのです。働き始め様々な論争が発生し易い訳は、看護師の転職時に多発しているキャリアチェンジの方法の為だと思います。それというのも、看護師の転職を望む人特有の気持ちの緩みがそうさせるからだと思います。なので、あなたが希望するキャリア計画を再度検討し直してみましょうか。後々悔しがらないよう、看護士として今の段階で転職をする必要があるのかとか、いかなる条件下で勤務したいか、加えていつごろ行動に移すといいのか等を熟慮してはどうでしょう。併せて、己が望む人生に関する計画を熟考し終えてから再就職活動を実行する事が鍵になってきます。

「定年後の継続雇用「給与半減」に法的根拠はあるか?」 より引用

60歳の定年後も同じ会社に継続雇用されて働いている人が年々増加している。厚生労働省の調査では定年に達した人の82.1%が継続雇用で働いている(2015年)。 最大の理由は2012年の高年齢者雇用安定法(高齢法)の改正だ。それまではどんな人を継続雇用するかを労使 …(続きを読む)

出典:http://president.jp/articles/-/18427